自分の生き方に覚悟を持つとは?

a1380_001347 こんにちは、新潟市のカイロプラクター大関です。

先日「時代の変化に対応しこれからの時代を生き抜く覚悟の作り方」ためのセミナーに参加してきました。

時代の変化に対応し、覚悟を持った生き方をするにはどうすればよいのか?

3回シリーズの1回目です。

そもそも、なんでこういうテーマのセミナーに興味をもつようになったのか?

興味をもつようになってこの半年くらいなんですけど、なんていうのかな?43年ほど生きてきて、ある意味人生って永遠に続くもんだ、と思い込んでいたと思うんです。

若かったしね。東北の大震災の時、多くの人は心を震わされていたと思うんですけど、正直に言って半分他人ごとのような気がしていたんです。もちろん理屈では大変な出来事が起き、多くの人が死に、東北の町があっという間になくなってしまったという現実は分かっているつもりでした。

それでも自分の身に迫った身近な出来事ではないという、なんとなく別の世界のような感覚があった事は否定できません。

そんな中で、この一年で実父が他界し、いい加減自分も歳を取ってきたし、子供達が大きくなってきたことで、人生とは?と言う事を真剣に考えるようになってきました。

この1回目でも、考えるテーマがたくさんありました。

まずは、覚悟って何?って事なんですけど、

自分が「生きている」って実感する時ってどんな時かというと、死を目の当たりにした時なんだそうです。

死が身近に感じられた時に初めて「自分は生きている」って事に気づき、そして自分の命もいつ終わるかわからない、という思いにかられるそうです。

自分の命もいつ終わるかわからない。

そう深く感じたら、あなたはどうしますか?

精一杯生きようとしますか?

いつ自分の命が果てても良いように・・・

どのように精一杯生きる事にしますか?

この、どのように精一杯生きる事に決めたか?

これが覚悟なんだそうです。

いつ死んでも良いように、決めた役割で精一杯生きていく。

そうありたいものです。

シェアする

フォローする