天然の球の相似象

上古代のカタカムナ人が見抜いた基本的な相似象は、天然には「球」の相似象があるということでした。

天然の大きなものは宇宙球から、恒星、惑星がすべて球であるし、

ミクロなものは原子、原子核、電子が球型です。水も丸くなる性質があります。

カタカムナ人は、

このもとは天然のスゲ手のものの素量子であるアマ始元量の微分量である

「マリ」が球状であることにある、と感じていました。

球の表象と直感

カタカムナ人は、アマ始元量の微分されたものを<アメ>と言っています。

<アマ>は始元量全体の名称で、その素量は(アマから出た芽<メ>という思念)で<アメ>と呼んでいます。

また<アメ>の個々の球状のモノを<マリ>と呼んでいます。

カタカムナ人が、天然の相似象として<球>があることを直観し、

表象したのが「ヤタノカカミ」または「カタカムナ」と呼ばれる図象符なのです。

天然には、球の相似象だけでなく、その他のさまざまな相似象がありますが、

カタカムナ人はそれらはすべて、アマ始元量の性質の表れたものであると直感していました。

アマ始元量の性質

どんな相似象を見抜いていたかといいますと、次の8種類だそうです。

  1. 正反対称性とひずみ性
  2. 旋転、巡回、螺旋の回転性
  3. 対向発生性
  4. 同種反撥、異種和合
  5. 統計的存在性
  6. 重合互換性
  7. 微分、統合性の周期性
  8. 極限循環性

正反対称性とひずみ性

天然自然に存在するものには、

すべて正と反(陰と陽)が存在しています。

究極の正反は「カム」と「アマ」の関係です。

次の正反はアマ始元量の究極粒子であるマリの正反です。

マリの正反は、マリの回転方向の違い、すなわち右回りか左回りかによって生じています。

なお、すべて正と反が対照的に存在していますが、まったくの対称ではなく、

ややひずみをもった対称であるところに特徴があります。

これを正反対称性とひずみ性といっています。

究極粒子マリは、完全な球型ではなく、ややひずみがあります。

その為に回転運動が生じ、さまざまな性質や変化が現れるのです。

ヤサカノマガタマは究極粒子「マリ」を表象しているが、

完全な球ではなく、マガタマであることがひずみ性を表しています。

マリの正反対称性の相似象として、

現象界に存在するものはすべて正と反が存在しているのです。

たとえば男と女、昼と夜、右と左、縦と横、過去と未来、暑いと寒いなどです。

旋転・巡回・螺旋の回転性

アマ始元量は、

究極粒子マリが回転運動し、

しかも螺旋的な回転をしています。

この性質が相似象でさまざまな現象として現れています。

ミクロなものでは、原子の中で、原子核、電子が自転し、電子は原子核の周りを回転しています。

大きなものでは、太陽、地球、月は自転し、地球や火星などの惑星は太陽の周りを公転しています。 宇宙球においても、宇宙全体が旋転しています。

対向発生性

正と反が対向すると新しいものが発生するという性質があります。

究極はカムナとアマナの対向発生です。

カムナとアマナの対向により物質や生命体やさまざまな星が生成します。

その相似象として、雌雄が交わると子どもが産まれるという現象があります。 インスピレーションも、人間の内部のアマナと宇宙のカムナとの対向発生の結果です。

同種反発・異種和合

究極粒子のマリ正と反がありますが、

このマリには同種のものは反発し、

異種のものは親和するという性質があります。

この性質は相似象として現象世界に現れています。

たとえば、磁石の同極同士は反発しますが、 異極同士はくっつくとか、人間も男女の異性間は親和するなどの現象です。

統計的存在性

重合互換性

微分、統合性の周期性

極限循環性

FUCA-ウツシは、天然自然の摂理を応用した身体にエネルギーを充電する作法です。エネルギーを充電して人間の身体を本来あるべき状態に戻すことによって、身体能力のあらゆる能力を発揮しやすい状態となります。
たとえば治癒力、免疫力は言うにおよばず、適応能力、運動能力、精神力、危機回避能力、直感力などです。単に自分の健康回復や抵抗力アップのためだけでなく、自分の能力を発揮して自分らしく生きるためにご活用ください!
■□■――――――――――――――――――――――――
FUCA-ウツシ(UZSHI)とやの整体院
025-284-3755(タッチすると電話がかかります) ←スマホからも直接かけられます
お店までの道のり←スマホからも直接確認できます
【営業時間】9:30~19:30
【定休日】日曜祝日
――――――――――――――――――――――――■□■